JSLS2019

Pocket

日程:2019年7月6日(土)・7日(日)

場所:東北大学川内キャンパス

学会当日他に大きなイベント(学会等)が予定されております。学会参加の皆様におかれましては、早めにホテル等のご予約をお勧めいたします。

* 名前をクリックすると、発表者の情報が見られます。


基調講演:Neurocognitive and Computational Bases of Second Language

  • 講演者:Ping LI(米国ペンシルベニア州立大学)

シンポジウム:脳科学の言語科学への貢献

  • 皆川泰代(慶應義塾大学)
    • How has Broca’s area played a role in neuroimaging data of early language acquisition?
  • 太田真理(九州大学)
    • Functional neuroimaging as a tool for testing/generating linguistic hypotheses
  • Hyeonjeong JEONG(東北大学)
    • Second language acquisition
  • ディスカスタント Ping LI(米国ペンシルベニア州立大学)
  • 司会:中山真理子(東北大学)

ワークショップ①:Development of a parsed corpus and its applications to linguistic research and education

  • 宮田 Susanne(愛知淑徳大学)
    • Recent directions in CHILDES Japan and its role in NPCMJ
  • 竹内 孔一(岡山大学)
    • Constructing Japanese predicate-argument thesaurus and annotating NPCMJ with semantic role labels
  • 岸本秀樹(神戸大学)・Prashant PARDESHI(国立国語研究所)
    • Developing a Japanese syntax textbook as part of NPCMJ Project

ワークショップ②:Methods for the Cognitive Neuroscience of Language

  • 幕内充(国立障害者リハビリテーションセンター)
    • fMRI for the Neurobiology of Language
  • 村上丈伸(福島県立医科大学)
    • TMS for the Neurobiology of Language
  • 大関洋平(早稲田大学/理化学研究所)
    • MEG for the Neurobiology of Language

  • 大会実行委員長:吉本啓(東北大学)
  • 大会副実行委員長:Jeong Hyeonjeong(東北大学)
  • 大会副実行委員長:鈴木渉(宮城教育大学)