JSLS2018

Pocket

会期:2018年8月2日(木)・3日(金)
場所:文京学院大学ふじみ野キャンパス

<<NEW>>事前登録7月6日まで

■会場
大会会場の文京学院大学(ふじみ野キャンパス)は、東武東上線(東京メトロ有楽町線・副都心線乗り入れ)「ふじみ野」駅下車、ふじみ野」駅西口よりスクールバスで7分または東武バスで8分、「文京学院大学前」下車
https://www.u-bunkyo.ac.jp/about/page/campus.html

大学最寄りのふじみ野駅は池袋から東武東上線急行で25分、東京駅から地下鉄丸の内線他を利用して池袋経由で約 50分と便利です。

ふじみ野駅から急行1駅(5分)の川越は、「小江戸川越」として有名で、江戸情緒のある人気の観光地です。川越駅から時の鐘や蔵造りの町並みなどの観光スポットを巡るバスが多く出ています。
小江戸川越やホテルなどの情報はこちら

http://www.koedo.or.jp
https://travel.rakuten.co.jp/mytrip/ranking/spot-kawagoe/#popular


Plenary: Martin Hackl(マサチューセッツ工科大学言語発達研究所長

Scalar presuppositions in language acquisition and language processing
<<NEW>>Abstract
Scalar inferences are central to language-based communication: utterances are expected to be as informative as possible given the knowledge state of the speaker and a question under discussion (Grice 1975, etc.). Language provides a variety of means to support, structure and constrain scalar inferences including conventionalizing scalar inferences into the lexical meaning of expressions (scalar presuppositions) as well as form-based constraints on alternatives relevant for computing the scalar inferences in question. This talk explores these linguistic means by examining how scalar presuppositions associated with focus particles (only, even, etc.) and the structure of alternatives triggered by focus interact with conversational scalar inferences (noteworthiness) during language acquisition and language comprehension in adults.

 


Invited Symposium I: 言語の起源と進化:考古学・人類学的視点

*このシンポジウムは英語で行われます。

<Updated>本シンポジウムは、言語が人類進化の過程でいつどのように出現したのかという問題を扱う。人類の祖先の人工遺物や化石は、古代DNAとともに、言語能力やそれを構成する下位機能の出現の時期、および背後にある機構を推測するうえで、最も直接的な記録となる。最近の研究は、これらのデータと、脳機能に関して蓄積しつつある知見とを組み合わせようとしている。本シンポジウムでは、この分野の最近の動向と、ヒト言語の2つの重要な側面、すなわち階層構造と意図共有に焦点を絞った研究に対する示唆について議論したい。

演者:

  • Cedric Boeckx(ICREA/Universitat de Barcelona)
    • “Richer fossils”
  • 近藤 修(東京大学)
    • “Evolution of brain endocast and human language capacity”
  • Dietrich Stout(Emory University)
    • “Stone tools and language evolution: the technological pedagogy hypothesis”

ディスカッサント:
小林 春美(東京電機大学)

司会:
井原 泰雄(東京大学)

本シンポジウムは、文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究「共創的コミュニケーションのための言語進化学(共創言語進化)」との共催です。

 


Invited Symposium II:Syntax and Semantics in Child Language Acquisition

Chair: Katsuo Tamaoka (Nagoya University, Japan)

1. The role of cognitive abilities in children’s meaning comprehension
Utako Minai (University of Kansas, USA)

2. On the acquisition of the non-subject status of nominative objects in Japanese
Tetsuya Sano (Meiji Gakuin University, Japan)

3. Filled-Gap stage of relative clause acquisition
Kazuko Yatsushiro (Leibniz-Zentrum Allgemeine Sprachwissenschaft, Berlin, Germany)

4. Discussant
Martin Hackl (Massachusetts Institute of Technology, USA)

 


言語科学会第20回国際年次大会実行委員長
中邑 啓(明海大学)
言語科学会第20回国際年次大会副実行委員長
加須屋 裕子(文京学院大学)

ご質問はこちらへ jsls-conf[a]googlegroups.com
言語科学会ホームページ: http://www.jsls.jpn.org/